bakuon5。

技能教習第1段階8時限目~9時限目。



10月も明日で終わりですね。
寒くならないうちに免許を取ってしまいたいのですが
やはり仕事をしながらだと時間がかかる。
幸いにもまだまだ日中は暖かいので教習は助かっています。

という事で、今日は10日ぶりの教習。
流石に10日も空くと覚えているか不安でしたね。
一応コースは寝る前なんかに思い出してはいたのですが
途中でコロッと寝ちゃったりして、最近はフルで思い出せていませんでした。
基本的には全コース指示器付きで教わっていたので
今日も今日とていつも通り放置でコース周回です。
ただ今日の2時間目は、第1段階の「みきわめ」という事で
「1時間目でコースをしっかり走ってください」ときました。
なんというか「もうみきわめ!?」といった感じです。
いやぶっちゃけ、教官がついて教えてくれた時間って
合計しても30分ぐらいのものなんですよ?
筆者はコミュニケーションが苦手なので、ある意味助かっていますが
「え~……大丈夫かなぁ」と心配で仕方がなかったです。

とにかく発着場へ行き、思い出しながら周回スタート。
あれですね、時間が経っても意外と大丈夫なものですね。
1週目はギクシャクしましたが、走り出してしまえばこっちのものです。
一本橋とクランクも苦手だったけれど、普通に通過は出来るようになりました。
スラロームなんかはとても調子が良かったです。
課題の中でもスラロームが筆者は1番好きだな。
スラロームに行くのを目標にコースをぐるぐる回っていましたもの。
ひたすら走って1時間目は終了。

2時間目、いよいよ「みきわめ」です。
とりあえずはしばらく周回して、その後に「みきわめ」をするとの事。
チェックする為か、たまーに教官が知らないうちに後ろを走っていて
びっくりするのと緊張するので、1回クラッチをパッと放してしまって
教官の前でエンスト+コケてしまいました。
とりあえずまた気合で引き起こして「丁度良いや」と思い
「引き起こし教わってないけど、今ので良いの?」と聞くと
「起こせたらなんでもええ」と返ってきたので
「適当かい!」と、ツッコミをいれそうになってしまいました。

理由としては「引き起こせなければコツみたいなのは教えるけれど
卒業したら乗るバイクも違うだろうし、起こせたらそれで良い」と。

確かにそれはそうですよね。
違うバイクに乗る事が多いだろうし、そうなると起こし方も変わってくる。
起こせるだけの力があれば、基本的には慣れというか、どうにかなるでしょう。

なかなか合理的で素晴らしい。

そうしていると、途中で車庫の前で停まるように合図され
「お、いよいよみきわめか?」と思い停車すると
「ニュートラルにしてエンジン切りましょうか」と云われました。
バイクもそのまま車庫に入れてしまって
「ん? 違うバイクでみきわめするのかな?」と思っていると
「ryuさん次から第2段階いきましょうか」と告げられました。
「ほあ? おれコケたけどええの?」と聞き直しましたが
「大丈夫大丈夫」と返ってきたので、とりあえず「みきわめ」合格のようです。
「マジか」って感じです。

という事で、今日の教習は終了。
次回からはいよいよ第2段階へ進みます。
といってもやる事は変わらないらしく、ひたすら走って
コースを覚えてバイクの扱いに慣れるだけのようです。
たまたま今日、卒業検定もやっていて、同じコース上を
教習生と検定の人が走っていたのですが
確かに今やっている事から課題が増えている感じは見受けられませんでした。
流石に卒業検定なだけあって、みなさんスムーズな運転をされていましたが
「ぶっちゃけ今検定してくれたら、おれ通るんちゃう?」とも思っちゃいました。
「コケたくせに何云ってんだ」って感じですね。
要するに後9時間(1時間のシミュレーターを含む)の内に慣熟せよ、という事ですね。
なんだかちょっとだけゴールと希望が見えてきた感じです。

ちなみに3人ほど卒業検定を受けておられましたが、3人とも合格されていました。
いける、あれならいける。と思いたい。

さて、次の教習は明後日。
有休が溜まっているので、消化の為に珍しくいつもとは違う休みを取りました。
でも次は2時間予約が取れなかったのが、少し残念。

[PR]
by ryu-cat | 2018-10-30 14:57 | 車・バイク | Comments(0)


<< bakuon6。 dawnfall。 >>