寂寥。

これは呪いか。それとも罰か。



久し振りにゲームを買いました。

e0043537_20273339.jpg
©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.


SQUARE ENIXの「NieR:Automata(ニーアオートマタ)」です。
amazarashiの「命にふさわしい」を聴いてから、ずっとやりたかったゲーム。
ゲームを買ったのは2年ぐらい前の「Call of Duty: Modern Warfare 3」以来。
「CoD:MW3」も輸入盤を買ってしまったものだから全て英語で苦労した。
「This way」「Over there」「Wait」の3単語だけ聞き取ってゲームを進めました。

さて、「NieR:Automata」は、ポストアポカリプスな世界が舞台の
人間の代わりに戦うアンドロイドを主人公としたゲームです。
まあ、まだ始めたばかりなのでそれぐらいしか解らないのですが
ストーリーが良く、クリアしていないのにも拘わらず結構満足しちゃっています。
音楽も世界観が表現されていて、ついつい聴き入ってしまい
プレイせずBGMとして流しておくだけでも読書のお供などにぴったり。
どんなゲームか、少しばかりスクショを。

e0043537_20273578.jpg

e0043537_21085869.jpg
e0043537_20273046.jpg

e0043537_20273287.jpg
e0043537_20273304.jpg


このゲームは、プレイしていると視点が変わる場面が在ります。
昔のシューティングゲームみたいだったり
最後のスクショのような2Dスクロールだったり。
そこがまた一周して逆に新鮮でけっこう面白い。
特に2Dスクロールは、自キャラがとても小さく感じられて
余計「人形」くさくなって、筆者は好きです。

しかし、初めはアクションを求めて買ったんですけれど
今はひとつのドラマとしてプレイしている筆者がいます。
「何故か」人間と少しの違いもないアンドロイドに
「コロサナイデ」と訴えかけてくる敵。
敵を倒すごとに「自分がしているのは正しい事か?」と葛藤し
上がっていくレベルと比例して大きくなる、心の中の罪悪感。
気持ちの着地点が見付からず、オープンワールドの中ひとりぼっちな気分になります。
こんな風に考えるゲームは珍しい。
プレイヤーに問いかけるようでもあり、また全てを委ねるような感触を覚えます。

そういえば、筆者はアクションゲームが大好きだけれど不器用なので下手くそで
このゲームもちゃんとプレイ出来るのかなあと心配していましたが
自動で攻撃・回避・回復としてくれる(選んでオンオフも可能)ので
移動さえ出来ればアクションを「体験」出来るため、そこが助かりました。
慣れたら自分でやるようにしても良い訳なので。

なかなか時間が取れないけれど、少しずつ進めていこうと思います。

[PR]
by ryu-cat | 2017-12-06 21:40 | 日常雑記 | Comments(0)


<< borderline。 apologies。 >>