stray dog。

一人また一人と。



薄暗い路地に捨てられた
まったく知らないビルの側
ダンボールに敷かれた薄い毛布だけが
今やぼくを守るものになってしまった

コンクリートみたいな色の曇り空を見上げて
遠くまで聞こえるように吠えてみたけれど
聞こえてきたのは遠ざかる車の音だけだった

stray dog
今日からぼくはそうなった

そのくらいぼくも解ってた
やっぱりそうだと思ってた
かわいくない大きなぼくの体よりも
小さなあの抱けるやつがいいってこと

アスファルトみたいな色の曇り空を見上げて
降り出した雨に負けずに吠えてみたけれど
聞こえてきたのはかすれてくぼくの声だけだった

stray dog
今日からぼくはどうなんだ?

ああ stray dog
神様も仏様も居ないこの世界で
おまえが信じたものはなんだ?
ああ stray dog
信じることを信じること
それはまだ当分出来そうかい?

stray dog
今日から君はどうしたい?

ああ stray dog
神様も仏様も居ないこの世界で
おまえが信じたものはなんだ?
ああ stray dog
信じることを信じること
それはもう出来なくなったかい?

stray dog
今日から始めればいいさ

stray dog
明日から素晴らしくなるさ

君の心は誰よりきれいなはずさ
by ryu-cat | 2015-07-06 18:31 | ??? | Comments(0)


<< あゝ無情。 battle cry。 >>