poker face。

ちゃうねんなぁ。



職場で、トランプを使ったゲームをしていた時の事。

ポーカーの様なルールで勝負するんだけど
その時に「おまえ博打の才能あるぞ!」と云われた。

どうやら、おれの表情が全然読めなくて
勝負できないし、勝負しても負けてしまうらしい。

別におれは勝負事に強くないし
云った相手も強いわけじゃないから、定かではないけれど。

確かに、勝負は心理戦だから
内心を探られる事がないようには心掛ける。

それで「ポーカーフェースやから強い」なんて云われるが
これは特にポーカーフェースを装っているわけじゃないのよね。

ただ「勝つ気も負ける気もない」だけ。

だから、例え、どんなカードを配られようとも
「どうしよう、勝てるかな、勝たれへんかな・・・」とは思わない。

「勝つ時は勝つし、負ける時は負ける」。
誤解されてしまいそうだけど、諦めているわけじゃあないよ。

「神様頼む!勝たせてくれ!」と祈って勝てるのなら
1時間に1回ぐらいのペースで、神様に色色祈るけれど
「どうなるか」という事は、ゲームを例に挙げると
「トランプやろう」と始めた瞬間から決まっている。

なら、これから起こる「勝てる瞬間」と「負ける瞬間」を見極めて
そのタイミングでカードを場に出すだけ。

見極め方?

それは分からないw

それが分かれば、本当に「博打の才能がある」という事になるんだろうな。

何もかも、これから起こる事が決まっているとは云えないけれど
そういった「不変の流れ」はあると思う。

一番分かり易いのは「死」か。

そういえば、最近「死」が変に身近に感じる。
あ、仕事は一切関係無しでね。

「いつかは死ぬ」というよりも「いつかに死ぬ」と考えていて
その認識の仕方が、トランプのゲームと変わらないのよ。

「なるほど、こうなったならそうなるな」といった具合に
客観的に見れば、とても軽く思える。

あ、勿論自分自身限定よ。

他人に対して「仕方ないよ、そうなるもの」とは思わないけれど
自分に対しては「うん、そうなるな」になってしまう。

いや、本人は至って真剣なんだけどさ。

「やっべぇ、心臓痛くて息がwマジ助けてw」といった冗談も思い付かない。

何故にこう考えるんだろう、困ったもんだ。

あ、話は変わるけれど、今日宣教師さんに会った。

仕事から帰ってきたら、マンションの玄関に、スーツを着た白人男性が2人居て
「コンバンハ」と話し掛けられたから「こんばんは」と返し
何気なく「このマンションに何か用ですか?」と聞き返してみると
「ええ、私達は宣教師で」という返答が。

雰囲気が「殆ど相手にしてもらえなかった」という感じだったけれど
おれは以前から関心があったから、30分ほど話をしてみた。

無宗教なんだけど、これだけ長い年月と
多くの信じる人が居る教えというのが、どんな考え方なのか気になるじゃない。

そう思って話していると


「お仕事は何をされていますか?」

「うーん・・・霊柩車の運転手」

「レイキュウシャ?driver?」

「そう、英語では何て云うんだろう」

すると、電子辞書を取り出して

「これ?」

「そうそう、それ」

「oh・・・それは大変な仕事でしょう。
あなたは、その・・・後ろに居られる方の人生について考えたりしますか?」

「うん、それはもう毎日」

「もし良ければ、この本を読んで下さい。
人の命、人生に関する事が書いてあります。
分からない事は、教会に来て下されば、私達がご説明します」

「くれるの?」

「勿論無料ですので、良ければ、ですが・・・」

「ありがとう!読ませてもらいます!」

「こちらこそ、ありがとうございます。
お帰りのところ申し訳ありませんでした」

「いえいえ、帰り道気を付けて」

「では、bye!」


と、最後に握手と、お互いに自己紹介をして帰って行った。

おれがこんな考え方をしているなんて知ったら
あの宣教師さん達は、どう思うんだろう。

神様が居たら、こんな奴、手に余って仕方ないわ。

e0043537_0194431.jpg

[PR]
by ryu-cat | 2009-04-04 00:21 | 日常雑記 | Comments(3)
Commented by まりおん(’’ at 2009-04-04 21:52 x
ホントごめん!。。。先に謝っておく。。。

「ホルモン書」って見えたww・・・(/ω\)スマン

宗教に関しては考えたことないなぁ~
すがる気持ちもないし。。。でも興味はなくはないし猫pの行動もわかるよ。
ただホルm・・・じゃなかった、モルモン書ってどういう意味なんだろうか?
Commented by ryu-cat at 2009-04-05 22:23
昔の偉い人が「あるもの」に書かれた内容を
分かり易くまとめてみましたよってのが、この本で
その偉い人の名前が「モルモン」だから「モルモン書」。

「あるもの」や、本の内容については
忙しくて、まだ数ページしか読めてないから説明できん。

まぁ、聖書の様な感じと解釈していいっぽい。

詳しくはWikipediaでも参照して下さい(’’w

ちうか「ホルモン書」てw

お疲れなんちゃいますん?w
Commented by まりおん(’’ at 2009-04-05 23:36 x
人の名前なのねぇ~
wikiって夜になると見れないんだよねぇ~・・・うちの回線が極細だからかなぁ~(’’;
 
ホルモンがダメならモンモンで(’’*


<< ブロッコリー。 non fiction。 >>