密教。

信onネタじゃあないよ。



「ナウマク・サマンダボダナン・バク」。

信onプレイヤーなら、馴染みのある言葉。
梵字(サンスクリット)の釈迦如来真言です。

詳しい事を書くと、途方もなく長くなる上
書いている本人の知識が乏しいため、今回は割愛させて頂きます。

さて、突然ですが「五重塔」をご存知でしょうか?

見に行った事は無くても、名前は知っていますよね。

あの五重塔を見て「なんで5階なんだろう」とか思った事ありませんか?

「5階」というのには、実は意味があるのです。

「キャ(空)」「カ(風)」「ラ(火)」「バ(水)」「ア(地)」。
仏教の世界を表す「五大」と言われる言葉。

これが「5階」の基になっているのです。

うん?

「なら、何故タイトルが密教なんだ?」ですか?

そう、これだと仏教ですよね。

五重塔をよく思い出してみて下さい。

1番上に、アンテナのようなものが付いていませんか?

「相輪(そうりん)」と呼ばれるものですが
この相輪が「バン(識)」となり
仏教の「五大」に1つ加えた密教の「六大」
「キャ(空)」「カ(風)」「ラ(火)」「バ(水)」「ア(地)」「バン(識)」で
宇宙を表す言葉になるのです。

1階「キャ」2階「カ」3階「ラ」4階「バ」5階「ア」と順に梵字が書かれており
最後は相輪の「バン」で「六大」の完成。

この「キャカラバア」は、お墓にも刻まれている事があって
「ア(地)」で始まり「キャ(空)」に帰すという意味。

密教の場合、宇宙へ帰そうという事になるかな。

五重塔は、密教の1つの形ですね。

後、もう1つ。

「三重塔」も意味があるのです。
これはもしかすると、ご存知の方がいるかもしれない。

三重塔は「過去」「現在」「未来」を表しています。

1階「過去」2階「現在」3階「未来」です。

当時では考えられない建築方法で建てられ
何を意味し、何のために建てられたのか分からない、これらの塔。

ただ、それはそこにある以上「在るものでしかない」。
[PR]
by ryu-cat | 2008-09-26 22:31 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 悲想花。 パチっと。 >>