愛はしばしば。

思い出させる。



最近結婚についてよく考える。
周りに「いつ結婚するの?」と聞かれるからだ。

相手はいないし、結婚する気もない。

「できない」上に「しない」これは非常に困った。
「できない」は論外として、何故「しない」のか。

それは、もう好きな人を泣かせるのが嫌だから。

1人暮らしを始めて8年。
その8年の内、5年程半同棲状態の時期があった。

婚姻届は出してなかったものの
お互いに、また、周りからも夫婦と思える関係で
1人で出掛けると「あれ?今日は奥さんいないんですか?」と言われてた。

でも、結局結婚はできなかった。

「彼女の為に」と思ってた事が、ある意味で「逃げ」になり
随分と待たせるだけ待たせて別れる事になったから。

それからは、恋愛に臆病になったわけじゃないけど
あまりそういう感情が湧かなくなった。

以前も書いたけど、スガシカオさんの「真夏の夜のユメ」で
『まるで吸血鬼みたいに、君の優しさを吸い尽くしてしまう気がするんだ』
という歌詞のように、多分、おれはまだそういう人だから。

人の優しさを吸い尽くして、あまつさえ傷付けてしまう。

「今度こそ大事にしたい」と思える人に出会いたいなら
それに相応しい人になっていないといけない。

だからおれは、そういう人になれるまで結婚はしない。

「それが恋に臆病になってるって言うんだ」と言われるだろうな。

それ以外にも、おれは好きな人を泣かせてしまうかもしれない。

浮気はしないし、ギャンブルもしない。
酒を飲んで暴力を振るったりもしない。

じゃあ何故か。

これもまた最近だけど「このまま死んじゃうかもしれないな」と思う事がある。
この間の軽い接触事故とは関係なくね。

おれ、運はないけど直感だけは良く当たるのよ。

そして、そういう直感を頻繁に覚える。

あの事故よりも前からかな、不意に頭を過り始めて。

普段からそういう事は考えるけど
それとはまた違う種類の直感でさ。

運は悪いけど、直感は良く当たると考えると
恐らくそのタイミングは「そういうタイミング」で現れるんじゃないかなと。

つまり、誰かと一緒に居れる事になった「そのタイミング」に。

勿論ただの直感だし、的中率100%じゃないから
気にしなくてもいいっていえばいいんだけどね。

ただ、とても引っかかって仕方がない。

「そんな事考えてたら、恋愛も結婚もできないよ」となるだろうか。

そう、だから「できない」んだよ。

自分の未熟さと、こんな不安を抱えてたら
一緒に居る人も疲れてしまうだろう。

まぁ、恋愛下手の言い訳かな。

『If I wasn't hard, I wouldn't be alive.
 If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.』

「男は強くなければ生きていけない。
 優しくなければ、生きていく資格がない」

レイモンド・チャンドラーという、アメリカの作家さんの言葉。

資格や価値という言葉は好きになれないけど
今のおれには、とても耳が痛い言葉だ。
[PR]
by ryu-cat | 2008-09-15 22:36 | 日常雑記 | Comments(3)
Commented by れいまる at 2008-09-16 08:27 x
「今度こそ大事にしたい」と思える人に出会いたいなら
それに相応しい人になっていないといけない。

こんな事が言えるねこは、既に十分な「優しさ」を持っている人だと思います
Commented by 隠れファン at 2008-09-16 09:00 x
猫さんは
とっても優しい人だと思います

正直、そういう恋愛の仕方って
そういう恋愛の経験がない私からしたら

うらやましいって思いました
Commented by ryu-cat at 2008-09-16 22:59
れーさん↓
うぅーん、十分なのか、十分なのだろうか・・・。

そうであってほしいとは思うけど、中中自分が許しはしないな。

でも、そう言ってもらえて嬉しいわ、ありがとう。

隠れファンさん↓
でもね、こういう恋愛の仕方をしようとして
結局は傷付けてしまったのよ。

あれから何年も経ってるけど、まだダメな気がするのさ。

それでも、そう言ってくれてありがとう。

ちょっとずつ成長していきたいと思います。


<< バラード詰め合わせ・前編。 あっという間。 >>