めぐるめぐる。

まあるい円のように。



昨日、いや、一昨日か。
「どうしても、いつかは死んでしまう」という事を書いた。
そして今日「どうして死ぬのか」を考えた。
生きているものには「不完全な永久機関」が備わっていると思う。
生物なら心臓、植物・・・は、ちょっとどの部分かわからないけど
この「不完全な永久機関」というものは
一見すれば、とても素晴らしいものだと思う。
大きさや形はそれぞれとしても、そのサイズで
「それ」を生かす事ができるんだから。

同じサイズ、同じ形で、同じ事ができない限り
やっぱり「これ」が、今は唯一の「永久機関」と思うけど
どうして「これ」は止まるようにできているんだろう?
「これ」すら止まらなければ、生物は「死なない」んじゃないんだろうか。
「永久機関以外が止まれば、終わりじゃないか」という話は置いておいて。
ただ単純に「これ」が動き続けたらとしたら。

そうなると多分「それ」は生き続けると思う。

百年だって動き続けるんだから
「これ」が千年動いたって、もっと動いたって不思議じゃないでしょう?
なら、何故「止まる」のか。
おれが思ったのは、多分「進化するため」じゃないかなと。
例えば「キリンは昔、首が長くなかった」とか
「人間は段々二足歩行になっていった」とか良く聞く。
その進化は、ひとつの生命でできたものじゃなくて
何回も何回も「そうなろうとしたもの」が生まれてなった結果。
ようするに、もし「進化の最後」まで行き着いたものが生まれたら
それは「死なない」んじゃないかと思う。

「それなら、初めから死なないものを生みだして
それに延々と進化をさせればいいじゃないか」とも思うけど
そこはあれだよ。
神様が気紛れで「ずっと同じ奴じゃあ、おもしろくない」なんて思ったのかもね。
と、冗談は置いておいて、多分「こうなろう」という意思を
遺伝子に組み込んで、初めから
「そういう意思」で成長させたほうが早いからだろう。
だから、もしかすると、生物の目的は「種の保存」だけど
「進化」が目的で「種の保存」は付加要素にすぎないのかもしれない。
そして、いつか「進化の最後」まで行き着いて
「死なない」ものが生まれたとしたら
今度は「死ぬ」ように「進化」するのかもしれない。
間違っても「退化」するんじゃなく、それは「進化」になるんだろう。

そうそう、ついでに考えた事が。
さっきも自分で「百年」だとか「千年」とか書いたけど
「時間」なんて、本当はあるんだろうか?
人間は何にだって「名前」をつける。
この目の前にある「パソコン」でも「キーボード」でも
「あ」という「文字」から始まって「ん」という「文字」まで。
「時計が時間を示してるじゃないか」と言っても
「時計」という「もの」が時間を示してるだけであって
針がひとつ進めば「一秒経った」事になるけど
逆にひとつ戻っても、誰も「一秒『時間が戻った』」とは言わない。
「時間」が存在するのなら、時計が逆周りに31556926回動いた時に
それは「一年間『時間が逆戻りした』」と考えるべきだ。
そこで「それはただ時計が逆に動いただけ」と言うなら
その時計によって時間を決めている事も疑わないといけない。
時間を示すもの全部が無くなったと想像したら
そこに「時間の定義」はなくなるでしょう?
朝日とか日没は「現象」であって、時間の定義にはならない。

そうなると、実は、みんなすごく自由なんだよ。
[PR]
by ryu-cat | 2008-01-24 22:15 | 日常雑記 | Comments(3)
Commented by まりおん(’’ at 2008-02-02 01:23 x
争覇の章
http://www.4gamer.net/games/013/G001329/20080201039/

2月テストサーバーでっていってたくせに・・・3/26発売っていってるんですがw しかも2/6から先行発売って??w

■陰陽師
(1)新式神
陰陽師の特化、高位召喚術の生産技能。
さらに強力な式神を召喚する式符を生産できます。

んでこれって・・・召喚さらにパワーアップかw
物理攻撃召喚獣に阿修羅がついに!!!(゚Д゚;)
癒しはエロイねぇーちゃんがええのぅ~(’’*

と、センロンは・・・
陰陽師の特化、仙論の奥義。
無属性単体攻撃妖術。ボスなどの属性値の高い敵にも、安定して大ダメージを出せる技能です。

説明フツーww
この説明だと五雷と同じやんけw なんか愛されてないなぁ~この特化・・・( ´Д`)

鉄砲にもいい技能が欲しい・・・発破なんて誰が使ってることやら( ´ー`)フゥー...
Commented by ryu-cat at 2008-02-03 21:27
で、いつ帰ってくるの(’’?w
Commented by まりおん(’’ at 2008-02-03 23:06 x
┐(゚~゚)┌


<< 少なっ! 死んでしまう前に、何ができる? >>