ノンストップ。

あれは困った。



親父の血が止まらん病気の事を思い出してたら
「そいや、おれも血が止まらん事あったな」とか思い出した。
まあ、おれの場合鼻血やったんよね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
定時制行きながらバイトしてた時やねんけど
前ぶれなく仕事中に鼻血出てきて、ティッシュで止めても
止まってからしばらくすると、また前ぶれなく鼻血が。
一日に3~4回、鼻なんか触ってもないのに出てきて
それが一週間ぐらい毎日同じように続いた。
ホンマ不意に出てくるし、バイトしにくいし
一緒に働いてたおばちゃんに
「うちの息子もなったんやけどな、あんたそれ血管切れてんやで。
子供がなるようなもんやけど、病院行ってきー」って言われたから
治る気配もなかったんで、渋々病院に行った。
またそれが行く前にも出てきて、ティッシュ詰めながら行ったさw
んで、受付で鼻血止まらん事を伝えて
返事する時に、ティッシュ詰めてるもんやから
「はい」って言われへんくて、変に「ふぁい」って返事したら
なんでか、病院内の先生も看護婦さんも患者さんも全員爆笑。
恥ずかしく思いつつも「ウケたからいいや」って順番待ってたら
やっぱり血管切れてるみたいやから、焼いてくっつけましょうって話に。

「いやいやいや、焼くとか大丈夫なんすかw」

「大丈夫大丈夫、表面麻酔かけるから」

「表面麻酔ってなんすか?」

「ガーゼに麻酔染み込ませたの渡すから
それを血管切れてる所に10分ぐらいつけといて」

「そんなん効くんすか?w」

「効くよ、大丈夫」

そんなわけで、鼻の中にガーゼ突っ込んで、10分ぐらいじっとする。
待ってたら先生に呼ばれて、いよいよ焼く準備を。
はんだごてみたいな器具で傷を焼きつけるらしい。

「もうそろそろいいでしょう」

「うっす」

「じゃあ、これ鼻の下に当てるように持って。
鼻血出てきたらその皿で受け止めるように」

「はいはーい」

「もしも痛かったら言うてね。
麻酔効いてへんかったら止めるから」

「はーい」

「じゃ、いきますよー」

「・・・ちょ、熱!先生痛い!麻酔効いてへん!」

「あははははw」

「『あははははw』ちゃうから!w熱いし痛いってマジで!w」

「いやいや、ryuさんもうボケはいいよw」

「ボケちゃうわ!w」

「・・・はーい、これで終わり」

「くっそー、先生麻酔効いてへんかったって」

「え?ホンマに効いてへんかったん?」

「せやから効いてへん言うたやん!w」

「ああ、そう、ごめんごめんwあははははw」

てな感じに、麻酔なしで鼻の中焼かれたw
しかも、おれが痛がってる時も、やっぱり病院内爆笑やし。
もう熱いわ痛いわ、自分が焼けてる匂いはするわ
あれなら、普通に注射で麻酔打たれたほうがマシやった。
あ、ついでに思い出した。
それからそんなにせんうちに、違う事で今度は麻酔打たれたんや。
年末のバイト最後の日やってんけど
いつもどおり、原チャで家に帰ってたのよ。
多少ウイリーなんかしながら。
んで、家に帰るまでの道で、途中に線路の下をくぐるトンネルがあるのね。
帰る方向から見ると、小さな橋を渡った後
20度ぐらい下に傾斜して、10メートルぐらいしたら
右にゆっくりカーブして、同じようにまた20度上に傾斜って道やねん。
年末やからハシャいでたわけじゃないけど
まあ、その、軽くメーター振り切ってて
その小さい橋が終わる直前、道路の繋ぎ目で軽くジャンプ。
勢いよく飛び出す原チャ。
「あ、これこのままやと、着地するの壁ギリギリ手前かな。
つーか、多分ぶつかるなw」って、予想がついた瞬間、予想通り激突。
厳密には、前輪が着地したのと同時に壁に激突。
さらに、一瞬空が見えて、半回転のおまけつきw
気付いたら仰向けに倒れてて
原チャはエンジンかかったまた、おれの真横に倒れてた。
パッと自分が来た道見たら、軽トラが走ってきてて
「こりゃアカン、一人事故とか恥ずかしいw」と思って
すぐ原チャに乗って走りだしたのはいいねんけど
タバコ吸おうと口開けたら、何やら口から溢れてくる。
というか、真っ白なコート着てたはずが、真っ赤に染まってる。
痛すぎて感覚麻痺してたみたいで
よく見ると口から血ぃ吐きまくりの、手グズグズ。
家につくと、家族みんな慌てまくり。
鏡で見てみると、これまたおもしろい事に。
下唇から顎にかけての歯茎にくっついてる部分が
引き剥がされて、めくると顎までつくし、骨見えてるし。
「30分ぐらいしたら、多分ちょっとくっつくよ」って言うたのに
無理矢理病院まで連れてかれて
行った病院じゃ無理やからって、口腔外科のある病院にはしご。
行ったらソッコー「じゃあ縫いますねー」って
すぐ麻酔されて、20針ぐらいプスプス縫われた(’’
包帯やらなんやらで、口ちょっとしか開かんくなって
年末年始と外に出れん上、メシも食えんしタバコも吸えんかった。
「もうすぐで脳に細菌が入るかもしれんかったね」とか言うてたし
普通にけっこうヤバイ感じみたいやった。
「この症状が出たら、すぐに救急車を!」みたいな紙も貰ったけど
一行目見てすぐ捨ててしまったなぁ。
それよりも、あの事故した時は
「原チャもヘルメットも、ほとんど無傷ってどないやねん!」って思ったわw
原チャはこすり傷いっぱいあったけど
ヘルメットはマジで新品みたいにピカピカやったし。
いやホント、事故には気ぃつけなアカンね!
[PR]
by ryu-cat | 2008-01-18 21:39 | 日常雑記 | Comments(2)
Commented by umanosuke39 at 2008-01-21 01:18
ちょwいきなり大怪我じゃまいかw
まぁ猫Pっぽいと言えばそうだけどとりあえず骨見えたら病院へ行こうw
まじで細菌感染は怖いw

おいらの近況は…アパートの契約更新があるんだけど平日休みがなくて役所書類が貰えない…さぁどうしよう!仮病発動しようかな(謎
Commented by ryu-cat at 2008-01-21 21:03
いやいや、これは昔の話よ?w
骨見えたら病院かぁ・・・。
これまた昔、バイクのレースの真似して
膝こすって皿見えた時は放置したけど、綺麗に治ったな(’’
書類は「明日昼から出勤でいいですか?」で、おっけぃさw
車検のアレん時はそうしたぜ。
まあ、最終的には一日休みとったんやけどw


<< 死んでしまう前に、何ができる? 忘れてた。 >>