XI。

早くも一年。



去年111トレノからエボXに乗り換えてもう一年が経った。
とりあえず現時点での感想を云いたいと思う。

つまらん。

あ、いや、別に乗り換えた事を後悔している訳ではなくて。
単純に性能を発揮する場面がないので物足りない、という意味。
心底思うけれど、本当に走るならサーキットに行かないとダメだ、この車は。
公道を走るような車じゃない。
ノーマル・スポーツ・スーパースポーツのモードセレクトがなくて
もしスーパースポーツのみの設定だったならば、正直乗り続けられなかった気がする。
なんだか批判したような書き方をしたけれど、つまるところ
そんな車が普段使い出来てしまうほどにノーマルモードが素晴らしい。

どこが素晴らしいかというと、兎にも角にも燃費。
スポーツカーの場合、いくら普段は燃費運転を心掛けたとしても
それ相応に改造していたりするので、どうしても燃費が良いとは云えない。
特に車重が1600kg近くあって2Lのターボなんてなったら燃費はお察し。
ところが先日、そこそこ混んでいる市内をエアコンをつけて走ったのに
マルチインフォメーションディスプレイに表示された燃費は9.7km/Lだった。
MTに乗っていた時のクセで、基本的にエンジンブレーキを多用する運転をするけれど
これはノーマールモードによる恩恵が大きいんじゃないだろうかと思う。
あとは内装。
やっぱりスポーツカーの場合は内装もそれなりにややスパルタンだったけれど
革張りというものあるにしても高級感を意識している内装だから
例えば誰かを乗せる事になったとしても特に気にならない。

しかし、上記はエボXだからというより時代によるものが大きいんだろうとも感じる。
最近の車は本当に良く出来ている。
乗るだけなら、もはや軽自動車一択ぐらいだもんね。
軽自動車でもキビキビ走るし内装も非常に質感が上がってきている。
10年ぐらい前までの軽自動車だったら坂道が少ししんどかったり
内装はプラスチック感たっぷりで、ドアを閉める音も鉄板のバタン!という音だった。
それが1.3Lや1.5Lと比べても遜色のないレベルにまでなってきている。
そりゃ軽自動車でも150万以上するのも頷けるわ。

ただ、やっぱりつまらんのはつまらん。
職場に在る新車のハイブリッドとか、規制後の原付とかも乗っているけれど
質感は良い、運転の感触も良い、装備されている機能なども文句はないが
月並みな言葉を云えば優等生過ぎて全然ウズウズしてこない。
完全に移動するツールとして完成されてしまっている。
きっと車という定義が今の時代そうなっているんだろうけれど。

だからこそ、買った時にも書いたけれど、「オンオフを切り替えられる車」な
エボXを買って良かったと丸一年経っても思います。
普段はノーマルモードでただのセダンとして乗れて
たまにスポーツモードでちょっと遊んだりして
ごくまれにスーパースポーツモードで本来の性能を楽しむ。
ここまで使い分けられる車はそうそうないんじゃなかろうか。

けれど一点、ただの一点だけ困っている事が在る。
それはMMCS!
オプションのロックフォードがなければ特に問題なかったんだけれど
きょうびナビの載せ替えが出来ないのは痛い。
出来ない事もないが、けっこう面倒くさいので余計に困る。
クラウンなんかもそうだけれど、専用ってのは後がどうにもならないんだよね。

[PR]
by ryu-cat | 2017-07-06 23:20 | 車・原付 | Comments(0)


<< from the cradle... result。 >>