cat。

猫には弱い。



先月にBluetooth機能を搭載したWalkmanを購入してからというもの
なんだかBluetoothヘッドホンが気になって仕方がなかった。
筆者はBluetooth機器というものを持っていない。
理由は単純に「すぐ充電アカンなりそう」という偏見に因るもので
一度試してみれば良いものを、しないと思った事はさっぱり忘れる性格だから
ぶっちゃけたところBluetooth機器自体無いものとして生活していた。
だが気になると徹底的に調べたり探したりするのも筆者の性格。
早速Amazonで検索をかけてみた。
筆者はイヤホンが嫌いなので、とりあえずヘッドホンをピックアップ。
さらにヘッドホンでもオンイヤーは嫌いなのでオーバーイヤーで絞り込み。
物凄く沢山あったけれど、予算もオーバーしてしまったけれど
なんとか「これで良いか」と思えるものが見付かった。

e0043537_18172767.jpg

全然知らない海外メーカーのもの。
箱は割としっかりしていて、マグネットで開閉する謎の高級?仕様。

e0043537_18172735.jpg

キャリングケースも意外としっかりしていて、セミハードな感じ。

e0043537_18172772.jpg

ケースには日本語の取扱説明書と充電用ケーブルが。
充電が切れても有線で接続してそのまま使えるよう
3.5mmのオーディオケーブルも付属。

e0043537_18172842.jpg

本体は全体的にマットブラックな感じになっています。
質感は悪くないんだけれど、イヤーパッドなどの革部分の耐久性が少し心配。
合成皮革がボロボロになった時って、もう目も当てられないもんね。

e0043537_18172757.jpg

各ボタンは左に操作系、右にノイズキャンセリング。
予算がオーバーした理由がこのノイズキャンセリング機能なんですよね。
ただのBluetoothヘッドホンならもう少し安く買えたんだけれど
どうせならノイズキャンセリングも体験してみたいと思って欲張りました。
でも、ノイズキャンセリング機能ありにして良かったです。
ノイズキャンセリングをオンにした瞬間、「えっ!?」となってにやけましたもん。
聴力検査室に入った時の様な、パッと外界と遮断された感じ。
洗い物をしていても換気扇や水の音が殆ど聞こえなくなりました。
ただ難点が二つ。
一つはノイズキャンセリング機能がオフだと音質が非常に悪い事。
聴けない事もないけれど、その音質で聴きたいとは思わない。
もう一つは本体の電源とノイズキャンセリング機能の電源がそれぞれ独立している事。
本体の電源を切ってもノイズキャンセリング機能は連動して切れないので
ノイズキャンセリングはノイズキャンセリングでわざわざオフにしないといけない。
そのため電源を入れる度にノイズキャンセリングのスイッチをオンにする羽目に。
スイッチの耐久性も気になるところだけれど、電源は連動しても良かったと思う。
それでも総合的に見て良い買い物ができたと思います。

e0043537_18172816.jpg

猫だしね!
購入に至った一番のポイントはこのロゴだったり。
猫かわいいやん。

[PR]
by ryu-cat | 2017-05-14 19:19 | 日常雑記 | Comments(0)


<< obbligato。 DAP。 >>