純文楽。

純文学な純音楽だと思う。



以前から名前だけは知っていて、でもいつもの癖で
少し時間を置いてから聴こうと思っていたら忘れちゃって
そしたら最近始まったアニメで主題歌になっていて
アニメも気になっていたから聴いてみたらすごく良かった。

そんなバンドが「amazarashi」

「日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え
僕らは雨曝しだが“それでも”というところを歌いたい」
という思いが「amazarashi」というバンド名の由来だとか。

どんな感じの曲なのか、まずは一曲ご紹介。
「乱歩奇譚 Game of Laplace」というアニメの主題歌です。
※曲名クリックで歌詞サイトへジャンプします。

スピードと摩擦



きょうびなかなかない感じの曲で、筆者はとても気に入りました。
まだいくつか紹介しますが、amazarashiの曲はMVが凝っているのも好きです。
「スピードと摩擦」も女子高生がトイレでダンスを踊るという、非常に風変わりなもの。
調べてみると「若者の焦燥感をテーマにした」という事らしいです。

二曲目、「空っぽの空に潰される



後ろのモニターに歌詞が次々と表示されていきます。
こちらも「スピードと摩擦」と同じくダンスを踊っていますね。
この曲、タイトルというかサビが良い。
「空っぽの空に潰される」という事がどういう事か解るもの。
その気持ちを曲に出来るなんて、なんてすごい事だろう。
サビのギターのトレモロも儚い感じがして好き。

三曲目、「穴を掘っている



これは色々な意味でゾッとしました。歌詞もMVも。
特に恐ろしいと思ったのは「絶望を連れてくるのは希望」という一言。
やっぱりそう思うものなんだ、と。
いつだって希望が絶望なんだよね。
絶望が希望になり得もするけれど、詰まる所救いがとどめなのさ。
でも、最後までMVを観てみて下さい。

四曲目、「あんたへ



この曲については何も云いません。
ただ一言だけ。見ているかどうかは解らないけれど、『君』と『おれ』の為に。
良い曲ですよ。

五曲目、「無題



最近の筆者のお気に入りはこの曲です。
大袈裟に云えば、筆者の人生の縮図みたいな曲。
自分の一部分、または一面が認められて、それで人が集まって
もっと自分を知ってもらおう、自分の思う人間を知ってもらおうとすると
途端に嫌気が差したようで、蜘蛛の子を散らすように人が離れていく。
友達も、大切に思う人も。
「信じてた事、正しかった」と云われてみたい。
最終的には水の中に無理矢理顔を突っ込まされるんだ。
もう苦しい。いっその事そのまま息が止まって欲しい。
間違いだらけの人生に、そろそろ本気でうんざりしてきた。
ああ、もう「そうなる事」ばかり考えてしまう。

気を取り直して最後の六曲目、「スターライト



最後の「涙は通り過ぎる駅だ」と歌っている時の
男性が空を走る列車を見ているシーン。
そのシーンが今の筆者のパソコンの壁紙になっています。
この曲のように前に進めれば。

以上「amazarashi」の紹介でした。
ここに載せていないだけで、他の曲も良い曲ばかりですので
もし聴ける機会があれば聴いてみて下さい。
[PR]
by ryu-cat | 2015-09-18 23:12 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 嗚咽。 living dead。 >>