あゝ無情。

世の中にさよなら。



人間はどうして生きているのか。
子孫を残すのが動物としての本能だろうけど
人間は動物のように、それを何よりも優先は出来ない。
人間は夢を持つ。
その夢を何よりも優先して生きていく事が出来る。
夢を持たない場合はどうするか。
目標が無い場合、どうして生きていくのか?
またどうして生きていけるのか?
人間社会は弱肉強食ではない。
そういう場所は在る。
しかし人間以外のように、全てが常にそうではない。
働けば、または金があれば、糧を得る事が大体は可能になる。
ただ、ただ生きているのは生きている事になるのだろうか。
夢を持って、何かを目標として生きている人間は少ないかも知れない。
大半が必死に毎日を生きているのだと思う。
だから生きる目標が無ければ生きていてはいけないという意味ではないけど
その意味や価値を考えてみた場合、今の自分の存在を、肯定する材料が見当たらない。
何かを成さなければいけないという事はない。
そう、単純に自分で自分の世界に見切りをつけたのだろう。
もう潮時なのかも知れない。
あちらこちらの回線が切れているのが解る。
そのうちその事すら解らないようになるだろうと思う。
温かさが、冷たさが、痛さが、辛さが、苦しさが。
存在自体がじわじわと壊死していく。
何も感じない。何も思わない。
ただただ、とても冷静に見る事だけが出来る。
本当に疲れた。これぞ人間失格。
そうだ失格なんだ。
そういう役なんだ。
今解っている間に。解らなくなって繰り返す前に。
そっと終わってしまわないものでしょうか。
もう忘れるのは嫌だ。
思い出すのも嫌だ。
繰り返すのも嫌だ。
また苦しむのはうんざりだ。
[PR]
by ryu-cat | 2015-08-08 20:21 | 日常雑記 | Comments(0)


<< living dead。 stray dog。 >>