素晴らしい世界。

雨が降ろうと槍が降ろうと。



最近あるきっかけから「ウォールストリートジャーナル」のサイトをよく見る。
難しい話はあまり解らないので文章は流し読みばかりになっているけれど
「写真で見るニュース」という世界各国の画像を特に気に入って見ている。

画像を見ていると、自分が知らないだけで様々な事が起きていると改めて実感する。
自然の素晴らしさ、命の尊さ、人間の素晴らしさ、人間の愚かさ。
あちらで奪われあちらで与えられ、何処かで誰かが死に、何処かで誰かが泣く。

悲しく寂しく温かくかけがえのない世界。
知らない、いや、「知れていない」ことばかりの世界。

今筆者に「何も無ければ」明日にはバックパッカーに成っていただろう。

別に偉くなりたい訳じゃないし、何かしたければ出来る事をすれば良いんだけれど
実際に大きな行動を起こせる資金や権力がとても欲しい。

何とかして世の中を良くしたい。

とまあ、なんだか選挙の立候補者みたいな言葉に成っちゃったね。

本当はいくらでも良くしていく事は出来るんだ。
ただ全てはシーソーのようなものだから、人を上げる為には自分が下がらなければいけない。

それを嫌だと思う人間が多く居すぎるだけでさ。
[PR]
by ryu-cat | 2013-07-31 20:58 | 日常雑記 | Comments(0)


<< untitled 一陽来復・後編。 >>