千言万語。

きっと無駄。



物事をきちんと判断する為にしてはいけない事が二つ在る。
一つ目は怒らない事、二つ目は驕らない事。

言葉遊びみたいだけれど、様々な問題の原因は大体この二つ。

まず怒ると話にならない。
出てくる言葉は思い付きばかりだし、理由は無理矢理。

感情は大事なものだけれど、感情的になって良い事はこれといって無い。

そして驕る。
「ああしてやった」「こうしてやった」と自分を擁護する。

問題は全て自分以外のせいで、解決しないのも自分以外のせい。

人間なんだから怒りもするし驕りもするけれど
「我慢してから」そうなるのとならないのとでは雲泥の差が出る。

……結局我慢したところで無駄なんだけれど。

最近というか、いつも思っている事をいつも以上に思っている事が在る。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」という言葉が在りますよね?

筆者は人の嫌がる仕事ばかりしてきたので
買うどころか売るほど苦労の在庫が在るのですが
苦労は買っても苦労にしかならないんじゃないかなと思うんです。

現在も人の嫌がる仕事をよく振られるのですが
「これで誰かがしんどい仕事せんでええならええか」と思うのだけれど
本来その仕事をするはずの人は「ラッキー!」程度にしか思っていなくて
筆者がいくらしんどい思いをしようが、報われる事なんて少しも無い。

こういう書き方をすると「おれかわいそうやねん」みたいに解釈されそうで困りますが
要するに、「人から苦労を買っても、売った人が儲けるだけ」と云いたいんです。

騙す方が悪いけど、騙す方が賢い。

苦労というものは、持っているとしんどい。
それを買うという人間が居るのなら売るでしょう、そりゃ。

しかし、買った苦労というのは売る事が出来ないんです。
売ったもん勝ちなんです、在庫を抱えたら終わりなんです。

桃太郎電鉄の貧乏神みたいなものですかね。

他人になすり付けられるものはなすり付ける。

何か在った訳ではありませんが、このところずっとこんな事を考えています。

駅の前で原発がどうとか拡声器を使って話している政党なんかも
そういう事件が在ったから便乗してギャーギャーわめいているだけで
本当にそう思うのなら原発が出来た時から云い続けろと腹が立って仕方ないし
その手伝いか何かでチラシを配る人間も、馬鹿みたいに良い事だと「盲信」しているし
ポケットティッシュを配る感覚で「そういうもの」を撒き散らすのが許せない。

筆者は驕れるほど自信がないので驕れは出来ませんが
驚くほどに短気なので毎日怒りを我慢していてストレスで吐きそうです。

もう心底から人間が大嫌いだ。

何も考えず何も気にせず何も思わないのが気持ち悪い。
電車でそういう人間が隣に座ると裏拳か立ち上がって回し蹴りをしたくなる。

本当に、どんな事をどれだけ云っても何も伝わらない。

いや、伝わりはするんだけれど、伝わりきらない。

あちらこちらで他人を使い汚れた自分の手を拭いている。
どんなものもどんな事も食い物にされてしまう。

丸投げされた苦労を背負って誰かが死んでしまう。

身軽になったクズが他人の不幸という蜜でブクブク太っていく。


『どうしてこれで世界が回ってしまうんだ!?』
[PR]
by ryu-cat | 2012-07-27 21:15 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 七転八倒。 realize。 >>