N1再び。

やっちゃった。



やっちゃった。マフラー交換。
「うちのトレノはパーツを変える必要がない」が口癖だったのに。

いやさ、中古でさ、良いマフラーが在ったのよ。
安いし程度も良いしサイレンサーも付いてるしで。

そんなん買うやん?
ちょっと試しに使ってみたくなるやん?

だから休みの日に朝7時に起きて暑くなる前に作業してきましたやん。

e0043537_2019405.jpg


まず純正のマフラー。これ何Φなんだろう。

e0043537_2021538.jpg


14~5年前の車なのに可変バルブを装備しています。
そのおかげで低速トルクを確保しながら高回転でもそれなりに抜ける。

回せば案外良い音もする。

e0043537_2027273.jpg


そして中古のマフラー。
以前スターレットに付けていたのと同じA'PEXiのN1マフラー。

エボリューションじゃないよ。普通のN1マフラーだよ。
オールステンじゃないセミステンだよ。

触媒直後から交換するので、とにかく長い。

長過ぎてトレノには載らないので友達のワンボックスで運んでもらった。

e0043537_2033620.jpg


取り外した純正マフラー。重い。

外した時落ちてきて頬骨にクリティカルヒットした。痛い。

e0043537_203771.jpg


取り付けたN1マフラー。?Φから90Φに成りました。
みかんとかりんごなら突っ込めそうだね。

e0043537_20403317.jpg


「マフラー変えてます!」と云わんばかりのテールビューに。

さてマフラー交換後のインプレッションを。

・サイレンサー無し

やっぱり低速のトルクは減る。
そんなに気になるレベルじゃないから構わないけど。

パワー云々は体感出来なかったけどレスポンスがアップした感じ。
可変バルブでちょっとしたラグが発生していたのかな?

アイドリングで「ドッドッドッドッド」という音がする。
3000回転からNAらしい音がして気分が良い。
6000回転くらいから歩いている人が振り返る。
8000回転でパトカーに追われてもおかしくなくなる。

・サイレンサーあり

低速のトルクは純正より少し減った程度に。
というか他の面においても純正とあまり変わらない気がする。

アイドリングやその他の音量については文字通り半減。
街乗りはサイレンサー装着が望ましい。

ただ、回すと純正よりも詰まったような感じがするのが残念。

サイレンサーありだと回しても5000回転くらいまでかな?

という訳で、レスポンスが良くなったくらいで他は純正と大差ないように感じました。
しかし性能よりも筆者は違う効果を狙っていた!

それは軽量化!

仮に純正マフラーが15kgだとしたら、N1マフラーは多分10kgくらい。
この5kg前後の軽量化はマフラー交換よりも効果が出るんじゃないだろうか。

外してみて解ったけど、純正マフラー重いからね。

なんにしてもこうして自分でパーツを変えると、また一段と愛着が湧く。

車触るの楽しいわ。
[PR]
by ryu-cat | 2012-06-29 21:21 | 車・原付 | Comments(0)


<< realize。 机上の空論。 >>