ふらりふらり・前編。

なるほどこれは。



筆者はどうやら、旅行をするのが好きなようです。

以前名古屋へ行った時もそうだったのですが
知らない土地を歩き、見た事のないものを見たり
自分の存在が本来無い場所で「存在している」と認識するという
そういった行為全般が、楽しくて堪らないようなのです。

さて、そんな訳で、広島に行ってきました。

経緯を説明しますと、今月「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観に行ったのですが
そのヤマトに誘ってくれた友人が、以前「男たちの大和/YAMATO」を観た際
広島に在る「大和ミュージアム」という施設に行ったらしく
今回「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観てその時の事を思い出し
「車で観に行かないか?」と「半ば強引に」誘ってくれたのが始まりです。

本来であれば、旅行が好きかもしれないと解ってきたとはいえ
流石にいきなり広島まで行く事はしなかったのですが
その友人の子供が、もうすぐ手術をする予定が在るそうで
手術が上手くいくように広島の神社で祈願もしたい、という事だったものですから
往復の運転は大変だろうと思い、広島行きを決めた次第です。

そろそろ説明口調が面倒臭くなってきましたので、画像で誤魔化したいと思います。

e0043537_2239057.jpg


大和ミュージアムと道路を挟んだ向こう側に在る「てつのくじら館」の潜水艦。
「あきしお」という「本物の潜水艦」です。

残念ながら休館で、外から写真を撮るだけでした。

駐車場の車と比較すれば解りますが、大きいです、本当に。

e0043537_22432591.jpg


大和ミュージアム館内の、「十分の一スケール戦艦大和」

e0043537_22452192.jpg


e0043537_22452912.jpg


このゴツゴツ感は、少年心に火を付けます。

e0043537_22485039.jpg


「零式艦上戦闘機六二型」、いわゆる「零戦」ですね。

フレームアウトしていますが、この隣にエンジンも展示されており
「展示物は保存が難しいので手を触れないで下さい」という意味の注意書きがあるのに
恐らく二十歳前後の四人組が手前の柵を越えて、展示物に触っていました。

ひどく下品な笑い声を上げていたので、非常に不愉快になったのを覚えています。

元より、大和ミュージアムに入ってからそれほど経たない間に
筆者はとても不愉快な気持ちでいっぱいではあったのですが。

これはそう──筆者にも、筆者の友人にも云える事ではあるのだけれど
「『SPACE BATTLESHIP ヤマト』のミーハー」だらけな気がしたのです。

別に、そういう施設へ行くきっかけなんて、何だって構わないと思います。
結果的に興味を持つ事が出来ない事だって多々在る事でしょう。

しかし、それでも少なからず過去を知り、それぞれに考える事が生まれ
それが他のものに結びついていくように心掛けていかなければ
人と人とのわだかまりは、黒く汚くなっていくばかりではないでしょうか。

戦争は「起こらなければいけなかった事」の一つだと思います。

でも、今は「もう起きてはならない事」なのです。

筆者を含め、戦争を知らない年代の人間は、本当に良い時間を過ごしています。
過ごしていますが、人間的にはどんどん悪くなっていっています。

・・・・・・資料の中には、たくさんの遺書が在りました。

生きるつもりであっても、死ぬ覚悟を持って書かれたその文字は
まるでインクに感情が溶けているようで、ひとつひとつが訴えかけてくるようでした。

神風などの特攻をしてまで守ろうとしたものが
こんなに下らない世の中だと知ったら、その人達の思いはどうされれば良いのか。

『その脳は一体、何を考えているんだ!?』

世界は、特に日本という国は、馬鹿が蔓延しております。

そんな事を思いながらその日はホテルへチェックインし
朝起きてテレビの電源を入れると、朝一番で呆れて笑うニュースが在りました。

口蹄疫に感染した豚を殺処分するというニュースだったのだけれど
殺処分が済んだ後、リポーターが牧場の人にインタビューをしていたのです。

よくある「どんな気持ちですか?」と。
すると牧場の人がこう云いました。

「殺処分された豚達の為にも、頑張ってまたやっていかないといけない」

頑張ってやっていかないといけないのは解るのです。

筆者もお肉を食べますし、食べれるのはそういう人達のおかげだとも思っています。
自分は綺麗事を吐きながら、自らの食欲という欲望を満たしているのですから。

ですが・・・・・・「豚達の為」というのは、おかしくありませんか?
その一部分は要らないのではないでしょうか。

豚の為に豚を殺すの?

それはどう豚が報われるの?

「美味しく食べてもらえて嬉しいです」という事?

真実は解らないから、筆者の独断と偏見だけれど
「そういうストーリーにしようとしている」のでは?

何かに覆われていないものはないのですか・・・・・・。

「ああ、テレビを捨てて良かった」と思いました。

こんな調子ですが、後編に続きます。
・・・・・・年末にこんな事書いてごめんなさい。・゚・(ノ∀`)・゚・。
[PR]
by ryu-cat | 2010-12-31 00:27 | 日常雑記 | Comments(0)


<< ふらりふらり・後編。 Can you feel? >>