プンプン。

大人気なく大人買い。



しゃーねーよ、買うしかねーんだよ。

e0043537_051458.jpg


だって、すげぇ良い作品なんだもん。

そんでもって、映画のソラニンもレンタルしてきたよ。
今の今まで観てたっつーんだよ。

頑張って「ソラニン」にしようとしてる感じが伝わってきたよ。

それでも映画独特の「端折り」があって残念に思ったりもしたけれど
最後の練習の日にビリーが芽衣子を迎えに行くシーンで
自転車を二人乗りしながら、ビリーが顔を崩して泣く瞬間なんて
もう何、おれも自分の腕に顔を埋めて泣くしかなかったわ。

皆が皆、良い味出し過ぎだろうが。

原作を知らない人には解かり難いかも知れないけれど
原作も映画も両方知れば良いと大声で叫んでしまいたい。

マジで、やれる事は沢山在るんだぞ、クソッタレ。

ケラケラ笑ってねぇで、真っ直ぐ自分を見やがれ。
現実を見ろって云ってんじゃねぇんだ。

そんなもん、目を開ければ嫌でも視界に入るんだから。

大切な事に気付くまでのプロセスってのは、ワンクッション在るんだ。

そのクッションで「やべぇ、これ気持ち良い」なんて云ってるからいけねぇんだ。

だからさ、ガンガンいこうぜ。
魔法も要らないだろう。

出し惜しみしても、「後で役には立たねぇよ」

さぁ、そんな感じで、実は他にも借りた映画が在るんだ。

乙一さんの「暗いところで待ち合わせ」
勿論原作は読んでいる。

絶賛お薦めなので、読んでみて欲しい。

今からだと、観終わるのは四時前くらいか。

でも、必死にならなければ、最近もう持ちそうにない。

うん、何もかもがね。
[PR]
by ryu-cat | 2010-09-05 01:41 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 浴衣と革ジャンと紙袋・前編。 本の虫。 >>