瓦解。

今更だけれども。



唐突ですが、「信長の野望Online」について思う事が。

モチベーションを下げたくない方は、これ以上読まないで下さい。

筆者は記事を書く際、「何一つネガティブに思ってはいない」のですが
文面を「そのまま読む」と、「そういう風」に読めてしまうもので。

さて、「信長の野望Online」は、「本当にバランスの悪いゲーム」です。

いえ──そう「なってしまった」のです。

新しいダンジョンの敵が強いとか、そういう意味のバランスではありません。
勿論、「そういう意味」でもバランスが悪いのですけれど。

では、何が悪いと云いたいのか。

それは、「職が他の職を食う事」です。

「信長の野望Online」は、基本的に「七人徒党を組む」ゲームです。

「わざわざ七人集まらないといけない」訳ですね。

しかし、「ただ七人集めれば良い」訳ではありません。

盾にアタッカー、詠唱に回復と、「それぞれの役割を持った職」を集めますよね。

でも、最近の職や特化はどうなっているでしょうか?

例えば──盾も出来てしまう武芸に軍学、三体に陰陽師並みのダメージを与える
「準備無し術」を使える僧、武士の特化を心得で修得出来る傾奇者。

個人的に、これらは「他職、他特化を食っている」と筆者は考えます。

ただ「ネガティブに思ってはいない」ので悪しからず。

それと、技能もそうですが、装備や潜在能力のおかげで
後衛職でも防御や生命が高く、「守護など要らなくなっている」という現状も
職と同じく「瓦解の条件」になっているのでは、と思います。

本当に強い敵でない限り、旗頭は放っておいても問題は無いでしょう?

心配する前に、「ありえない火力」で倒してしまうのですから。

お解り頂けますでしょうか。

盾を守護するアタッカーや、準備というリスクを負わずして術攻撃が出来る回復
多少の攻撃はものともしない、本来は守られるはずの後衛職。

もう、しっちゃかめっちゃかです。

どれが盾?どれが術アタッカー?どれが回復?どれが守る対象?

何でも出来るのなら、何でも一人でやってしまえば良い。

頑張って装備を揃えたとか、潜在能力を貯めたとか、そういうのなら良いのです。
それならば、武芸が盾をしようが武士がアタッカーをしようが構わない。

何の工夫もなく「そう出来てしまう」のが問題ですし
何度も書きますが、「出来るからする」というのはいけません。

「出来てしまう」のはシステムを作ったコーエーさんのせいでしょう。

ですが、「それを助長する」のは、いつだってプレイヤーでしかありません。

そうして「スタンドプレー」を出来る環境が整い、それぞれが思うままに行動し
協力する事を忘れ、力押しという下らない「手段」でゲームをするのです。

なんて詰まらないのだろうか。

知人徒党の補充で誘われ、自分以外は皆知り合いという状況の中
まるで「PC技能が使えるNPC」のような扱いをされて
全く歯車が噛み合わないと感じる時のように、そう──それはもう「徒党じゃない」のです。

通常瓦の救援で出来た即席徒党の方が、どれだけマシだろう。

その方が実装も装備も考えて来ている気がして堪りません。

時々、心底不愉快な気持ちになってしまいます・・・・・・。

絞めてる首は「誰の首」か、考えて欲しい。

ゆるゆる流されるのは、楽だし気持ちの良いものかも知れないけれど
流れつく場所を見てから喚いたって、その時は遅いのです。

ええ──遅いのですよ。
[PR]
by ryu-cat | 2010-07-08 21:34 | 日常雑記 | Comments(0)


<< テネシーローズ。 自由な不自由。 >>