自由な不自由。

見落とす事ばかりだ。



まずはこれを聴いて欲しい。



高橋優さんという人の「素晴らしき日常」という曲。

こうした人が「音楽をする事」が出来て
尚且つデビュー出来るというのが、筆者は嬉しくて堪りません。

何もかも、本当に何もかも腐ってきている時代の中で
こうした言葉が、音楽が、様々な人に届けば、どれだけ素晴らしいか。

皆解っているんでしょう?

手を伸ばそうよ。

そうしないと、距離は縮まらないのだし、何も掴めやしない。
[PR]
by ryu-cat | 2010-07-06 21:37 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 瓦解。 粉骨砕身。 >>