不思議。

違う事は無いと思うのだけれど。



以前からたまに思っていた事なのですが
先日、はっきりと、人間に絶望しました。

特定の個人に対してそう思った訳ではないのだけれど
人間の行為で、どうしても理解出来ない事があるのです。

それは「出来るからやる」という行為です。

例えがおかしいかも知れませんが
信onで例えるのならば、門前封鎖がそれに該当します。

門前封鎖をする事に因って、相手が非常に困るという事を解っていながら
それでもシステム的には可能であるから、門前封鎖を行う。

勝つか負けるかが在る訳ですから
「そうする事」に因って確実に勝てるのであれば
それは一つの手段であるかも知れません。

ですが、どうしても理解が出来ません。

「そうしてやろう」と考え、それを実行出来てしまう事が不思議で堪りません。

ゲームを例えにしたので話が変わり過ぎてしまいますが
こういった思考は、とてつもない危険を孕んでいると思うのです。

どういった事かと云いますと、貴方の目の前に危機感が欠片も無い人が居たとします。

そして、貴方の側には包丁が一本置いてあります。

貴方はその包丁を拾え、目の前の人をいとも簡単に刺せそうだったので
包丁を拾い上げ、その人を刺しました。

刺せたので刺した訳です。

同じ様に、仮に貴方が男性で腕力に自信があるとしましょう。

人通りの少ない裏道で、正面から女性が歩いてきます。

特に欲求不満などではありませんでしたが、女性に力で負ける事はないと思ったので
腕力を行使し、女性を襲いました。

「出来るからやる」という行為は、こういう事だと筆者は考えます。

「そんなのそうだとしても、ゲームの時とは違う」

確かに、現実に相手に対し被害を与える訳ではありませんから
そう考える事も出来ますし、現実ではそういった行為をする事は無いかも知れません。

しかし、問題はそこではないのです。

実際にそう考え、行動をしてしまったという事自体が
「この場合は違う」などと云わず危惧するべき問題なのです。

皆がしている?

自分だけじゃない?

責められる事でもない?

云われなければ何も問題が無いと思ってはいけません。

怒っている訳ではないのですが、本当に、筆者は訳が解りません。

何故「出来たらする」のでしょうか?

そして、もしかすると筆者もそう思う時があるのかも知れないと考えると
切に、人間で在るのが嫌に思えてきて仕方が無いのです。

嫌でも「生きている間」は生きないといけないのですけれども。
[PR]
by ryu-cat | 2010-05-09 21:07 | 日常雑記 | Comments(0)


<< gray。 re:you and i。 >>