プラスアルファ。

大事よね。



さて、windowsがxpから7になって
どう変わったかと思うかと云うと・・・・・・。

便利になり過ぎていて、正直解かりませんw

パソコン自体も以前の物に比べれば
飛躍的に性能が上がっているので、色々早い早い。

という事で、パソコンの話はこれでお終い。

ここからは別の話を。

このパソコンが送られてきた時なのですが
本体とモニタは別々に届いたのですよ。

それは事前に了承していたのですが
両方とも、同じ時間指定をしていたので
似たような時間に届くはずだったのです。

ですが、本体はきちんと時間までに届いたものの
モニタは、本来指定した時間から、三時間も遅れるという事態が発生。

どちらも同じ運送業者なのですが
この運送業者、毎回何かやってくれるのです・・・・・・。

玄関まで来ていないのに、ネットで荷物番号を見てみると
「ご不在の為、荷物を持ち帰りました」とか
仕方なく再配達してもらおうと電話をしてみると
一分前後は電話に出ないという意味不明さ。

なので、全く信用する事が出来ず
今回も指定した時間が過ぎてから問い合わせてみる事に。

なかなか電話に出ず、やっと出たところで事情を説明し
持ち出している本人に聞いてみるとの事。

程なくして、担当の配達員から着信。

「すんませーん、云われた通り、時間指定でした。
うっかり見落としてしまったみたいでー」

「はあ、そうですか、うっかり見落としたと」

「それで、今支店に戻っとって、次夕方になるんですわー」

「次は夕方ですか。そうですか」

「ええーっと、どんな感じですかね?」

どんな感じって何だ。

どんな感じかと聞かれれば、時間通りに荷物が届かない上
連絡もないから、こちらは非常に困っています、とでも云えば良いのか。

「そうですね、とにかく、時間指定を見落としていたと。
そして、その見落としについて今理解したと。
なら、すぐにでも配達するべきですよね?」

「あー、そうなんですけど、今帰ってるもので・・・・・・」

「それは問題ではないんですよ。
あなたが支店に戻るのであれば、次こちらへ向かう人に渡しなさい。
あなた個人でなくても良いから、会社としてすぐに届けましょう」

「・・・・・・」

「現在どちらを走っておられるんですか?」

「その、xx線でxx方面向いて走ってます」

「ああ、それならここまで三十分とかからないでしょう。
じゃあ、今すぐに運んできましょうか」

「わ、解かりました・・・・・・す、すぐ行かせてもらいます」

そうしてやっと、モニタが届いた次第です。

言葉遣いとか、いくら関西でもこんなの許されないわ。

それに、誠意が微塵も感じられない。

もし仮に、開口一番
「申し訳ありません、今すぐお届けに向かわせて頂きますので
恐れ入りますが、三十分前後、お時間頂戴出来ますでしょうか?」
とくれば、おれはコーヒーの一本でも買って待っていたのに。

おれは業者さんと関わる時、プラスアルファが出来る人には
ジュースとかを買って渡すようにしている。

どんなに細かい事でも「やった事」は報われなければならない。

見返りは求めていなくても、やっぱり人間って褒められたいものだしね。

会ってみれば、おれより年上のようだったのに
それでよくやっていけるなと本当に思った。

「言葉遣いぐらい気を付けられては如何ですか?」
と嫌味を云ってやろうかと思ったけれど
呆れ過ぎて、それすら云えなかったわ。

「やっぱり時間指定だったんですよね」と聞いたら
「ええ、まあ、へへへw」と笑っていたぐらいだし。

機嫌悪かったら殴っているぞ?

次何かあったら、久し振りに「わざと怒って」みようかな。

以上、長ったらしい愚痴でした(’’w
[PR]
by ryu-cat | 2010-03-04 22:25 | 日常雑記 | Comments(0)


<< 2/2。 new。 >>