誰が為に。

その箍を外せ。



この頃、ある友人から頻繁に電話が掛かってくる。

元元、良く連絡を取る友人だけど
この友人は、悩みができると、その頻度が増す。

今日も、丁度仕事が終わった時に電話が鳴って
少し話してみると、何やら様子がおかしい。

以前から、職場の人間関係について
「もう限界」という事を聞いていたので
「これはマズい」と思い、とにかく迎えに行く事に。

過去に、睡眠薬を多量に服用して、自殺未遂を図った事があるからだ。

とりあえず、何か食べさせようと
近くのファミレスへ連れて行った、その時。

明るい店内に入り、さり気なく目を見てみると
目の焦点が合っておらず、まるで「休んで(死んで)いいか?」という目をしていた。

睡眠薬を飲む前後と、同じ目だった。

座って注文を済ませ、詳しく話を聞いてみると
どうやらパワーハラスメントの類に悩まされているらしく
相当なストレスで、仕事を続けられる状況にないとの事。

それでも、家庭の為(友人は既婚者)頑張りたいけど
著しく悪化していく体調に、不安を覚えるという事。

おれは、その友人と一緒に働いていた時期があって
どれだけ弱音を吐かないかも、どれだけ頑張るかも知っている。

その友人が、ここまでこうなるという事は
本当に、限界を超えて働いているんだろうと思い
奥さんに理由を説明して、早めに転職をする事を勧めた。

でも、友人は、それはできないと云った。

奥さんが出産間際で、今仕事を辞めるとは云えないし
何よりも、そういう弱音は云いたくない、と。

だから、家に帰っても強気な振りをして、悟られないようにしている、と云う。

職場で罵られ、家でも「もう少し頑張れ」と云われると
自分の気の休まる場所がないから、家では強気に居る事にしているらしい。

それが「自分」を削っているというのに。

確かに、自分が大切に想う人の前で、弱音なんか吐きたくないと思う。
それ故、多少の強がりや見栄は張る。

不安にさせてはいけないから。

ずっと付いてきて欲しいから。

格好悪いと思われたくないから。

それでも、だからこそ、そこは自然でいいのよ。

おれ達は100年前後も生きるようにできているんだから
そういった部分も見せ合って、気持ちを分かり合おうとしないとさ。

格好なんて、つけるもんじゃあない。

それだけ悩んで、自分の限界を超えて生きているのなら
例え、一生の内に少し休んだ期間ができたとしても
それで十分、格好良いだろう?

そう云ったら、友人が下を向いて泣いていた。

多分、誰にも云えなかった事が流れ出したんだろう。

溢れる程に溜まった「もの」は流してしまえば良い。

流してばかりではいけないけども
それ程に溜まった「もの」の本質は、ちゃんと自分の「器」に沈殿していくから。

店を出る時には、友人の目は焦点が合っていて
「大丈夫そうかな?」と、安心した。

ああいう目ができる「器」を、おれも持たないとな。

ストレス社会な、この時世。

皆様も「溜め過ぎ」には、ご注意を。
[PR]
by ryu-cat | 2009-04-30 01:26 | 日常雑記 | Comments(2)
Commented by まりおん(’’ at 2009-04-30 20:27 x
ん~深刻だねぇ

猫pも頼むでぇ~我慢しすぎあかんで!

オイラは・・・我慢しなさ過ぎか?(´▽`;)アハハ
Commented by ryu-cat at 2009-04-30 22:24
ねぇ、ホント深刻。

おれは今のところ限界が分からないから
多分、大丈夫な感じ?w

まぁ、今度時間できたら、色色話そうぜ(’’w


<< ふざけるな。 限界応力。 >>